「安全最優先」の取組み

運輸安全マネージメント

基本理念

ホンダ運送は“安全を最優先する”を基本理念とし、輸送・保管業務に携わり、
「0」災害(事故、労災)を目指し、物流企業としての責任意識の下、
尊い命、お客様の信用、資産保護、社会貢献の重要性を認識し、継続して事故「0」に取組みます。

基本方針

基本方針

輸送の安全に関する基本的方針(2020年度) 2020年2月1日~2021年1月31日

輸送安全目標

重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定する事故)・・・0件
その他事故(道路交通法第72条第1項に規定する交通事故)・・・0件

安全方針

1. 経営トップの責務
  • 輸送の安全確保の最終責任を有する
  • 輸送の安全確保に関し予算の確保、体制の構築等必要な措置を講じる
  • PDCAで安全確保の為の業務の実施、管理状況を確認し改善する
2. 社内組織の構築
  • 安全品質部を本社に置き安全管理体制を整備、維持する
  • 各所に安全担当者を置き安全かつ遵法に運行管理する
  • 各所に運行指導員を置き現場の作業安全を推進する
3. 安全方針
  • 事故未然防止施策を策定する
  • 事故再発防止施策を策定する
  • 安全行動指針『安全推進目標』を定める
4. 重点施策の策定
  • 事故削減目標を定め安全を最優先する
  • グループ企業は密着して協力体制を構築し、安全性の向上に努める
  • 協力会社へ自社と同レベルの輸送安全教育を行う
5. 目標設定
  • 期初に目標を定め交通事故「0」を推進する。
  • 期初に目標を定め商品事故削減、輸送品質向上に努める
  • 期初に教育研修の日程を定める
6. 推進計画作成
  • 安全活動計画書を作成する
7. 重要施策の実施
  • 関係部所に、本方針を周知しその推進と維持に努める
  • 輸送の安全に関する方針、目標達成に向けた施策を確実に遂行する
8. 安全への投資
  • 期初に安全に関する設備投資を計画する
    • ハード ⇒ デジタコソフト・ドライブレコーダー等
    • ソフト ⇒ 社員教育(管理監督者、安全運転研修/外部研修)
9. 情報共有と伝達
  • 安全担当者、運行指導員会議を開催し情報共有する
  • 関係部所に安全通達し対策の水平展開をする
  • ノーツで安全情報開示し情報共有する
10. 事故等の報告連絡
  • 緊急連絡網を整備する。(事故・災害)
  • 事故(異常)の報告連絡体制と規定を定める
  • 事故報告は規定の書式で統一する
11. 安全教育と研修
  • 運行管理者をレベルアップさせる教育を行う
  • ドライバーの年齢・経験・能力に応じた教育を行う
  • 運行管理者、ドライバーを積極的に外部研修に参加させる
12. マネージメントの維持
  • 本方針は、公開可能な状態で維持する

輸送の安全に関する目標と達成状況(2019年度)2019年2月1日~2020年1月31日

当社の自動車事故報告規則第2条に規定する事故

輸送安全目標達成状況(2019年度)

事故区分 目標 実績 達成状況
重大事故
(自動車事故報告規則第2条に規程する事故)
0 0 達成
その他事故
(道路交通法第72条第1項に規程する交通事故)
0 0 達成

2019年度 自動車事故報告書提出実績はありませんでした。

 

行政処分(2019年度)

なし

安全に対する取組み

『安全最優先』で『命を大切にする』、『商品を大切にする』ことを常に意識して行動し
・ルールを守る ・危険な行為をしない、させない ・危険を排除する ことに取組みます。

ドライブレコーダー、バックカメラの活用

ドライブレコーダー、バックカメラに常時記録するデータを
基にドライバーへの安全指導や教育に活用しています。



○ドライブレコーダー
 事故発生時の事故原因究明に活用するだけでなく、ヒヤリ
 ハット動画を全国配信し教育にも活用しています。
 また、デジタコに記録された「急減速、急発進、ふらつき、
 車線逸脱」のデータを、デジタコと連動したドライブ
 レコーダーの画像で内容を確認し、居眠り運転の予兆の
 発見や、危険な右左折、車間距離不足や、あおり運転に
 ならない様に、点呼等で面談指導しています。



○バックカメラ
 ドライバーがバック時の安全確認に使用するだけでなく、
 走行中も画面表示し、後続車の状況が見えるようにして、
 安全な減速や車線変更に活用しています。
 また、後方での積卸しの作業確認にも活用して、基本作業
 が守られているか、商品点検はされているか、また服装が
 正しく着用されているかなど確認して、指導をしています。

事故発生時の原因究明安全教育への活用

 

フォークリフト・ドライブレコーダーの導入

事故未然防止のための抑止効果、
及び事故発生時の原因分析を行う為、
フォークリフトにドライブレコーダーを設置しました。

360度魚眼カメラ

360度の画像確認が可能

 

IT点呼の導入

IT点呼導入

貨物運送事業では、ドライバー に対して始業・中間・終業点呼 を行うことを義務付けています。 点呼では、ドライバーの健康や 天候、運行ルート等が安全か、 危険はないか等を判断し、交通 事故を未然に防ぎます。 点呼は、安全管理業務において 重要な位置づけです。

2009年11月より、運輸支局の許可を受けIT点呼システムを導入、
遠隔地でのパソコンによる点呼を行っています。
鈴鹿センターにて全国の拠点で夜間・早朝の時間帯の点呼人員を
リカバリーして、安全の確保と省人化を両立させています。
点呼では、熟練の運行管理者により通常の面談点呼と同様に、画面を
見ながら、ドライバーの健康状態を確認し、アルコール検知器による
データの確認や、さまざまな運行上における納品先の情報や
注意点を個別に指導しています。

  • 点呼開始
  • 免許証携帯や期限の確認
  • アルコール検知器を使用し、0.000mlでないと運行させない
  • 睡眠時間や健康状態の確認
  • 適正診断結果を活用し注意喚起
  • 最新の天候と道路情報を提供
  • 出発

点呼執行者研修の実施

点呼執行者のレベルを統一する為に、年2回点呼執行者を集め
点呼執行者研修を実施しています。
点呼執行者の職務や実施事項は法令等で明確に
なっていますが、ドライバーの健康状態の読み取り方、
安全知識の豊富さ、トラック運転の経験の有無、
コミュニケーション能力など、どうしても個人差が
大きくでてしまいます。安全な指示、問題点の聴き取りと
スピーディなフィードバックなどを行う為には、
知識・技能・経験の差を少なくし、安全意識を高め、
レベルアップする為の教育を進めています。

点呼執行者研修

 

全社員に勤務前の飲酒チェック

  全社員に勤務前の飲酒チェック

法規制に基づくドライバーの飲酒チェックと同時に、
運転の有無にかかわらず、物流会社に勤めるものとして、
日頃からの安全意識を高める目的で、
役員、社員、アルバイト等、当社で働く全ての人が
始業前に飲酒チェックを実施しています。


大阪府無事故無違反チャレンジコンテストに全社で参加

役員からアルバイトに至るまで全社員を対象に、大阪府無事故
無違反チャレンジコンテスト(※)に参加して、交通安全意識を
高め、法令順守、運転マナーの向上に努めています。

『違反の先に事故がある』を合言葉に、交通違反・事故を発生
させない為に、各センター単位でチームを編成して、自分の違反が
皆にも迷惑をかけるという意識を醸成する取組みを実施しています。
また無事故・無違反を達成したチームを社内で表彰することで
全社員の意識向上に努めています。

(※)大阪府無事故無違反チャレンジコンテスト
https://www.police.pref.osaka.lg.jp/kotsu/anzen/9/index.html

無事故・無違反チャレンジコンテスト

 

安全担当者の配置

各センター・拠点における安全取組の中心となる
役割を担う為、安全担当者を任命し配置しています。
安全担当者は、安全のエキスパートとして、安全な環境・
人づくり、安全方針の浸透、安全対策の実施と確認、危険の
打ち上げや排除に取組んでいます。

○日常の業務として
 ・事故の未然防止活動として現場の安全パトロール指導
 ・社内・社外ルール遵守の確認と指導
 ・職場の危険箇所の改善
 ・事故発生時に事故原因の追究・対策立案などを行う
更に、年に3回、全社安全担当者会議を開催して、安全方針の
意思統一や知識・技能・指導力の向上教育と、
最新の情報交換、現場の意見をもとに新しい対策を立案し、
更なる安全性の向上を目指しています。

安全担当者会議

 

  運行指導員会議

 運行指導員の配置

安全と輸送品質を向上させる目的で、各所に経験と知識が豊富で
指導力のあるドライバーの中から、運行指導員を選任し配置していま
す。運行指導員はドライバーの模範であることはもちろんのこと、
他のドライバー(自社・パートナー会社)のコーチの役割を果たし、
現場で危険な行為(運転・作業)やルール違反が無いかを確認して、
直ちに指導を行います。

また、新人ドライバーや事故を起こしたドライバーの教育も安全担当者と連携して行っています。
更に、年に3回、全社運行指導員会議に参加して、最新情報を交換し、安全対策を現場へフィードバックする役割
も担っております。

ドライバー検定員の導入

2019年10月5日より検定員制度を導入

新人ドライバーの経験・教育不足による事故防止、
ベテランの我流・手抜きによる事故防止を目的に、
トラックの車種毎に当社No.1の知識・技能・品格を
持つドライバーを検定員に任命しました。

○検定員の職務
 ・各センターの新人ドライバーを教育する運行指導員や
  研修指導員の指導と教育を行います。
  (つまり先生の先生となります。)
 ・新人ドライバーの独り立ち許可の見極め検定と、
  事故発生者が運行を再開する為の
  見極め検定を行います。
 ・各拠点で作業の手順違い等を発見し、最も安全な方法へ
  統一していきます。

ドライバー検定員

ドライバーの積込み・荷卸し用作業ビデオの制作

車種毎に違う基本作業の内容や手順、注意ポイントなどの
解説を入れたビデオを制作、全社標準化を進めています。

従来は車種毎に年2回の「積込み検証会」を行い、実際に
現場で実物での作業・商品点検方法の確認と統一を進めて
いましたが、加えて「いつでも、どこでも基本作業や
注意点の確認ができる」ようにしました。

積込み・荷卸し用作業ビデオ

 


指差呼称(しさこしょう)の新しい取組み

  指差呼称の新しい取組み

「うっかり、ぼんやり、未確認」による事故は無くなり
ません。「人」は間違いを起こす生き物だからです。
誰も「事故は起こしたく無い」と思っています。しかし、
体調不良や天候・環境の変化や悪化とも重なり、自分では
確実にやったと思っていてもできてない時に事故に
つながるのです。

当社では、指差呼称のやり方を、
「オーバーな大きな声と、大きな動作」で行い、
誰が見ても判る方法に変えました。

これは、確実性が増すともに『周りに安心を与えます』
これにより、安心して任せられる、信頼できる
会社づくりの一歩として取組んでいます。

 

 

「安全性優良事業所」全社取得

安全性優良事業所とは

これからの貨物自動車運送事業は、今まで以上に
『安全性』の視点から優良な事業者が選ばれる時代です。
そこで社団法人全日本トラック協会では、荷主企業や一般消費者が、
より安全性の高いトラック運送事業者を選び易くするとともに、事業者全体の
安全性向上に対する意識を高めるため、事業者の安全性を正当に評価・認定し、
公表しております。

  1. 1.
    『法令の遵守状況』
  2. 2.
    『事故や違反の状況』
  3. 3.
    『安全性に対する取組の積極性』

上記3項目の認定基準を満たし、
ホンダ運送は全センターにて 『安全性優良事業所』 を取得しております。

安全性優良事業所



安全性優良事業所の認定(Gマーク)継続の表彰を受けました

この賞は、2014年から国土交通省において、
トラック運送業界の健全化に向けて、
良質な事業所に対し評価を付与していく表彰制度を創設されました。
具体的には、管轄運輸支局において、
安全性優良事業所の認定『Gマーク』を10年以上受け、
安全対策等について顕著な功績が認められる事業所に対して表彰されるものです。

当社では、下記の通り各地域の運輸支局から表彰を受けました。

安全性優良事業所認定(支局長)

受賞日時 事業所・センター 管轄
2016年09月14日 中四国事業所 坂出センター 香川運輸支局
2016年10月12日 中部事業所  鈴鹿センター 三重運輸支局
2016年10月12日 中部事業所  浜松センター 静岡運輸支局
2016年11月  1日 中四国事業所 岡山センター 岡山運輸支局
2016年11月15日 関東事業所  狭山センター 埼玉運輸支局
2016年11月17日 九州事業所  熊本センター 熊本運輸支局
2016年12月16日 近畿事業所  茨木センター 大阪運輸支局



安全性優良事業所(Gマーク)運輸局長表彰を受けました

安全性優良事業所支局長表彰を受賞している事業所の中で、
輸送の安全の確保を通じて、社会に対して多大な貢献に努めた功績を認められ、
各地域の運輸局から表彰を受けたものです。

安全性優良事業所認定(局長)

受賞日時 事業所・センター 管轄
2017年10月27日 中部事業所  鈴鹿センター 中部運輸局
2017年11月21日 関東事業所  狭山センター 関東運輸局
2017年11月22日 中四国事業所 坂出センター 四国運輸局
2018年10月05日 中四国事業所 岡山センター 中国運輸局
2018年10月29日 九州事業所  熊本センター 九州運輸局
2019年10月30日 中部事業所  浜松センター 中部運輸局